先日、クレジットカードに関する面白いデータを見ました。

NTTドコモが「クレジットカードの選び方・使い方」をテーマに、日本全国20歳から69歳までの男女・合計4,700名を対象にした世代・地域別の比較調査を実施したそうです。

この調査で分かったことは、クレジットカードを選ぶ際のポイントは、すべての世代でステータスよりもお得さを重視する傾向にあることが分かりました。しかも20代以外は9割がお得さでクレジットカードを選んでいるようです。

また、クレジットカードをテーマに都道府県別に様々な調査をしたようで結果をご紹介いたします。

クレジットカードを所有した平均年齢が低い都道府県
1位:奈良県 25歳
2位 兵庫県 25.3歳
3位 香川県 25.4歳
最下位 佐賀県 30.5歳
全国平均 27.9歳

ゴールドカードを所持している人の割合が高い都道府県
1位 兵庫県 36%
2位 長野県 33%
3位 大阪府 33%
最下位 福井県 12%
全国平均 23%

月額のクレジットカード利用金額が5万円以上と回答した人の割合が多い都道府県
1位 埼玉県 47%
2位 兵庫県 45%
3位 千葉県 44%
最下位 宮崎県 21%
全国平均 33%

いかがでしょうか?面白いのが兵庫県はすべてにおいてランクインしているんですよね。なんでしょうね?芦屋とか高級住宅街がある関係ですかね。

ただ、兵庫県は節約家であると答えた人の割合が全国1位、クレジットカード選びに置いてポイント還元率をチェックしている、貯金をするのが好きであるというランキングでも上位なんですよ。ただ単にステータスでクレジットカードを選んでいるわけではなく、クレジットカードで得られる実質的なお得さやメリットで選んでいる人が兵庫県には多いような気がします。

このクレジットカード情報サイトkurekaruでは、クレジットカードに関する様々な情報が載っていますので、興味がある人はチェックしてみてください!クレジットカード選びの参考になると思いますよ!