クレジットカードを使う人と、クレジットカードを使わない人、どっちが貯金がうまいと思いますか?

クレジットカードは金銭の感覚やどれだけ使っているのかっていうのがわからないからあまり使わないっていう人が多いかもしれないですね。

しかし、同じ収入なのに上手にお金を貯めている人と、お金がないっていつもひーひー言っている人っていますよね。でも、どちらも給料は同じなんです。

では、この差はなんだと思いますか?

それは使う頻度よりも使う理由に違いがあるからです。

クレジットカードを使う頻度だったり、引き落とし額については正直な話低貯金でも抗貯金でも同じ何です。ほとんど差がありません。

しかし、違っているのは使う理由なんだそうです。手持ちのお金が足りない時やお金がない時にカードを使ってしまう人は全体の約44%が低貯金の人、対して高貯金の人の割合は26%です。

これを見るだけでもお金がない時に頼みの綱としてクレジットカードっていう選択肢をしているようです。

次に、ポイントが貯まるから買い物はカードメインっていう人は低貯金の人は65%なのに対して、高貯金の人は80%がこの理由でカードを利用していました。

どう使うかというよりも、使い方の違いに貯金力っていうのが現れているんですね。ちなみにリボ払いで支払う人は高貯金の人はほぼ利用しないみたいで、6%しかいなかったみたいです。

リボ払いは一見すると毎月同じ金額が引き落とされるので、予定が立てやすいように見えますけど、これをしていると、いつまでの返済が終わらない為、完済できなくなるんだそうですよ。

クレジットカードは便利ですけど、使う理由を考えて効率よく利用していきましょう。