僕はクレジットカード新入生

クレジットカードを賢く使うためのコツなど紹介しています

クレジットカードに関する面白いデータ

先日、クレジットカードに関する面白いデータを見ました。

NTTドコモが「クレジットカードの選び方・使い方」をテーマに、日本全国20歳から69歳までの男女・合計4,700名を対象にした世代・地域別の比較調査を実施したそうです。

この調査で分かったことは、クレジットカードを選ぶ際のポイントは、すべての世代でステータスよりもお得さを重視する傾向にあることが分かりました。しかも20代以外は9割がお得さでクレジットカードを選んでいるようです。

また、クレジットカードをテーマに都道府県別に様々な調査をしたようで結果をご紹介いたします。

クレジットカードを所有した平均年齢が低い都道府県
1位:奈良県 25歳
2位 兵庫県 25.3歳
3位 香川県 25.4歳
最下位 佐賀県 30.5歳
全国平均 27.9歳

ゴールドカードを所持している人の割合が高い都道府県
1位 兵庫県 36%
2位 長野県 33%
3位 大阪府 33%
最下位 福井県 12%
全国平均 23%

月額のクレジットカード利用金額が5万円以上と回答した人の割合が多い都道府県
1位 埼玉県 47%
2位 兵庫県 45%
3位 千葉県 44%
最下位 宮崎県 21%
全国平均 33%

いかがでしょうか?面白いのが兵庫県はすべてにおいてランクインしているんですよね。なんでしょうね?芦屋とか高級住宅街がある関係ですかね。

ただ、兵庫県は節約家であると答えた人の割合が全国1位、クレジットカード選びに置いてポイント還元率をチェックしている、貯金をするのが好きであるというランキングでも上位なんですよ。ただ単にステータスでクレジットカードを選んでいるわけではなく、クレジットカードで得られる実質的なお得さやメリットで選んでいる人が兵庫県には多いような気がします。

このクレジットカード情報サイトkurekaruでは、クレジットカードに関する様々な情報が載っていますので、興味がある人はチェックしてみてください!クレジットカード選びの参考になると思いますよ!

貯金がうまい人は使う理由が違った!

クレジットカードを使う人と、クレジットカードを使わない人、どっちが貯金がうまいと思いますか?

クレジットカードは金銭の感覚やどれだけ使っているのかっていうのがわからないからあまり使わないっていう人が多いかもしれないですね。

しかし、同じ収入なのに上手にお金を貯めている人と、お金がないっていつもひーひー言っている人っていますよね。でも、どちらも給料は同じなんです。

では、この差はなんだと思いますか?

それは使う頻度よりも使う理由に違いがあるからです。

クレジットカードを使う頻度だったり、引き落とし額については正直な話低貯金でも抗貯金でも同じ何です。ほとんど差がありません。

しかし、違っているのは使う理由なんだそうです。手持ちのお金が足りない時やお金がない時にカードを使ってしまう人は全体の約44%が低貯金の人、対して高貯金の人の割合は26%です。

これを見るだけでもお金がない時に頼みの綱としてクレジットカードっていう選択肢をしているようです。

次に、ポイントが貯まるから買い物はカードメインっていう人は低貯金の人は65%なのに対して、高貯金の人は80%がこの理由でカードを利用していました。

どう使うかというよりも、使い方の違いに貯金力っていうのが現れているんですね。ちなみにリボ払いで支払う人は高貯金の人はほぼ利用しないみたいで、6%しかいなかったみたいです。

リボ払いは一見すると毎月同じ金額が引き落とされるので、予定が立てやすいように見えますけど、これをしていると、いつまでの返済が終わらない為、完済できなくなるんだそうですよ。

クレジットカードは便利ですけど、使う理由を考えて効率よく利用していきましょう。

日本のクレジットカード保有率は?

皆さんクレジットカードはお持ちですか?私は持っています(笑)

2016年にクレジットカード会社のJCBが調査した結果によると、日本人のクレジットカードの保有率は84.2%、平均保有枚数は3.2枚だそうです。1番多く使うクレジットカードの理由のTOPは「ポイントやマイルが貯めやすいから」(46.0%)となり、カードの利用にあたっては、ポイントやマイルを最も重視する傾向にあるようです。

また、クレジットカード保有者の世帯あたり月平均生活費は18.2万円。うち1/3以上はクレジットカードで支払われているそうです。

このようにクレジットカードは、私達の生活になくてはならないものになりました。

ただ、世界と比べるとまだまだです。日本のクレジットカードの利用率は、約17%です。84%が保有しているのに、使用している人は17%なんですね。

海外ではキャッシュレス分化が進んでおり、アメリカのクレジットカードの利用率は約41%、韓国は約54%だそうです。

日本人がクレジットカードを持っているけど使わない理由としては、クレジットカードは後払いにて金銭感覚が狂ってしまうと不安な方が多いようです。クレジットカードの場合、代金を即支払うわけではなく翌月や翌々月に支払う後払いですから、手持ちがなくても欲しい物を買う事ができます。金銭管理に自信がないからクレジットカードを使わないという方も多いようです。

あとは、現金主義です。現金が信用できるんでしょうね。

日本ではまだクレジットカードが使えないお店も多いですが、海外、特にスウェーデンなどの北欧諸国では、逆に現金お断りの店もあるくらいです。

日本がキャッシュレス化されるのはまだまだ先だと思いますが、2020年東京オリンピックに向けて、クレジットカード決済を、日本でもしっかり普及させて、観光客がお金を使いやすい環境を作ろうという動きもあるので今後に期待したいものです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén